会社の設立がだいぶ簡単になった話

恒例の月一更新です。

株式会社等の設立の際、定款の認証作業を行う必要があります。
この作業は公証役場で行いますが、管轄が決められております。
管轄と言ってもだいぶザックリしており、簡単に記載すると福岡県内で会社を設立する場合は
福岡県内の公証役場を利用すればOKという感じです。

で、当然のことながら県外での設立の際、定款認証はどうするんだということになりますが
こちらも現在はテレビ電話で行うことが可能ですので非常に便利です。

Zoomみたいな感じ

委任状などの書類は事前に公証役場へ郵送します。
費用も事前に公証役場から指定される口座へ振り込めばOK。
公証役場からテレビ電話のURLがメールで送信されてきますので、後は予定日にアクセスして
公証人とテレビ電話を通じてやり取りするだけです。

委任状等を郵送する際、返信用封筒を同封しておけば謄本等は認証後に郵送してもらえます。

電子定款のデータは認証後に申請用総合ソフトからダウンロードできますので、認証後、すぐに設立登記申請を行うことも可能です。

現在は定款作成日前の日付で資本金の入金作業を行ったとしても登記が受理されますので、こちらも簡単になった部分と言えます。

登記は郵送、オンラインどちらも可能ですので会社の設立は日本全国どこの案件でも受けやすくなったと言えます。
ただ、本人確認をガッチガチに行う必要はありますのでその点だけ要注意かなと。

ということで、以前に比べると会社が作りやすくなったというお話でした。

6月も健康第一で過ごしましょう。